低収入風俗で神経衰弱してないで、高収入風俗求人に目を向けてみてはいかが?

美容院を作りたい子

自分の店を持ちたくてデリヘル嬢をはじめとする風俗で働くと言う子は多いようですね。僕の仲間でも、美容院をやりたくて仕事を始めたものの、お給料が全然足りなくて仕方なくデリヘルをやっているという子がいます。求人を見るとさすがに高収入なので、いつもそのまま転職しようかと考えるそうです。確かに美容師のお給料は安いところが多いみたいですね。その子はじつはデリヘル嬢として僕が部屋に呼んだことで知り合ったのですが、本当に雀の涙みたいです。しかし風俗は抵抗がありなかなか始められなかったそうです。ただ、問い合わせをしたときの男性店員さんの誠実な受け答えに感動して、すぐに始めることにしたそうです。彼女はテクニックも一流です。美容師としてのテクニックも学校でみっちり仕込まれていますから、いずれ自分のお店を持つのではないでしょうか。最近はまったく遊んでないのですが、落ち着いたらまた指名してあの最高の手コキをしてもらいたいです。

海外でダンサーデビュー

自分の目標のためにがんばっている女の子は良いですよね。僕は34歳の会社経営者です。音楽のリハーサルススタジオを経営しており、現在3店舗やっています。バンドはブームではなく、パソコンで音楽を作れる時代ではあるのですが、意外とライヴのリハーサルなどは以前よりも需要が増えているんです。それはアイドルを名乗る子も多いせいもあるかもしれません。アルバイトの求人を出しても、スタジオの仕事にあこがれを持っている子がたくさん来ます。僕自身は忙しすぎて結婚も彼女もままならないという感じなんです。そこでデリヘル嬢を呼んで遊んでいるのですが、たまに音楽の話になったりします。普通のバンドやアイドル志願の子もいます。この前聞いたのは、ダンサーになるためにお金を貯めたくてデリヘル嬢をやっているという女の子です。海外に行きたいらしく、そのアクションはエッチなプレイでもいやらしい腰遣いで発揮されていました。また指名したいこですね。

フラメンコをしている女性

僕は元ホストクラブ店員の独身男性です。相当前から働いており、今は34歳ですが貯金がかなりあるので今はお金を株で増やしつつ悠々自適な暮らしをしています。そんな僕の楽しみの一つは、デリヘル嬢を家に呼ぶことです。マンションを購入してからは特に頻繁に来てもらいます。デリヘル嬢は高収入の求人で募集しているのを良く見るので、そうした募集をかけているお店から女性を呼ぶようにしています。きっと、その方が新しく来た素人っぽい子が多いはずだからです。ホスト時代に学んだこととしてあまりプロっぽい子は良くないと思ったのです。もちろん人によるんでしょうけども。先日プレイした嬢はとても印象的でした。というのも、フラメンコを習っており、いつか海外で本場のフラメンコを習いたいというのです。その日のために貯金するんだそうです。思わずその話を訊いて、スポンサーになってあげたくなりましたが、やはり自分で頑張るからお金はありがたいと思えるんですよね。

http://www.b-beauty.jp/okinawa/

年上女性の色っぽさ

45歳の独身男性です。僕は今までバンドをやったりバーを経営したりと、はたからみていると完全に人生を謳歌しているように見えるかもしれません。確かにその通りなのですが、さすがにこの歳まで1人身でいるとは思わなかったんです。バーで求人募集をかけてアルバイト店員がきたときに惚れてしまい20歳差にも関わらず告白してプロポーズまでしたのですが、あっさりと振られてしまいました。それ以来まったく女性とは関わりを持たなくなってしまいました。ただ月に一度か二度はデリヘル嬢を頼んで遊ぶようにはしています。しかもこの歳ではあまり機会のない年上女性を指名するようにしています。もちろん人妻だったりバツイチのわけあり女性だったりしますが、それでもかなりの美女が来たりするのでデリヘルはわかりません。先日も色っぽい女性に全身を攻められてギブアップ。この歳でこんなに勃起するのかというほど張りきってしまいました。その日はものすごく良く眠れました。

あまりかわいくないのが良い

33歳のタクシードライバーです。個人タクシーをしているのですが、待機しているエリアが良いのか、意外とこの不景気でも稼げています。まだ独身で、彼女もいません。それはちょっとさみしいのですが、僕はどちらかというと孤独が好きなんです。そして女性の好みもちょっと人とは違うみたいです。というのも、僕はブス専なのです。あまり綺麗な子や可愛らしい子は好きではありません。もちろんビジュアルの好みは人それぞれですが、一般的にカワイイと言われるような人が好きではないというひねくれものなんです。なぜかわからないですが、抱きたくなるような子もそうです。デリヘルの求人にはそうした募集はないかもしれませんが、デリヘル遊びをするときにはできるだけ「あまりカワイイ子はお断りです」と告げます。相手の男性店員もそう言うとビックリしているのですが、僕は本気です。希望通りの子が来たときは興奮してすぐに出してしまうほどです。僕なりのストレス解消方です。

スタイルが外人みたいな子

43歳の雑誌編集者です。僕の働いていた部署は青年向きのファッション誌だったのですが、異動があり女性向けのファッション誌に移ることになりました。最初に中途採用の求人があったときには、女性向けの雑誌へ行く予定だったのでようやくやりたいことが出来るようになったのです。と言うのも僕はモデルが大好きで、モデル女性とのやりとりをしたくてたまらなかったのです。いやらしい気持ちはあまりなく、あくまでも仕事としてです。それでも、結構私情を入れてしまうこともありモデルに惚れてしまうことがあります。特に外国人のようにスタイルが良く長身なタイプに弱いです。そんなときには、お気に入りにしているデリヘルサイトから女性を物色して遊びます。仕事が遅くなったときなどは、ホテルを取って宿泊して深夜に高級なモデル風アクトが在籍しているところからデリヘル嬢を呼ぶのです。外人モデル並みのスタイルに驚いている間もなくエッチなサービスでフィニッシュしてしまいます。